ポケモン

ポケモンだよ

【剣盾S16シングル】サンダーオーガキング【最終599位/1905】

はじめまして、ゆーくんと申します。

S16お疲れさまでした。

今回、これまで目標としていたレート1900、最終順位3桁が達成できたので記事を書きました。レート2000以上の強者の方々と比べれば構築もプレイングもまだまだですが、読んでいただけると幸いです。

 

f:id:nekotorami4869:20210401212425j:plain

 

以下常体

 

<構築経緯>


①前期多くの方が結果を残した「サンダーオーガナット」が使いやすそうだったので軸として採用。

②誤魔化し性能が高く、使い慣れた襷悪ウーラオス、地面枠としてダイマックスしたときの突破力がありそうなドリュウズを採用。

③ムゲンダイナに負けすぎたので受けループ対策もできるガラルヤドキングを採用し構築が完成した。

 

<個体紹介>

1. カイオーガ@こだわりスカーフ

f:id:nekotorami4869:20210401214431g:plain

特性 : あめふらし

実数値 : 175 - × - 111(4) - 202(252) - 160 - 156(252+)

技構成 : しおふき/ねっとう/かみなり/れいとうビーム

 

クソつよシャチ。根源の波動の外しは嫌いだし火傷したら嬉しいから熱湯を採用。

ラプザシ+地面枠に対してこちらが有利とはいえ択になり続けること、終盤はメタがきつめだったこと以外は最強だった。サンダーのゴツゴツメットで削れたザシアンにもドサイドンにもラプラス引き読みのかみなりをうつ、魂のわがままプレイを通すのが大事だと感じた。NNはサメちゃん。

 

2. サンダー@ゴツゴツメット

f:id:nekotorami4869:20210401214741g:plain

特性 : せいでんき

実数値 : 197(252) - × - 140(180+) - 145 - 110 - 130(76)

技構成 : ボルトチェンジ/ぼうふう/ねっぷう/はねやすめ

 

ザシアンやウーラオスなどの物理アタッカーを受けるクッション。耐久振りザシアンに後投げしたときにゴツゴツメットカイオーガ圏内に入れられるのがよかった。対面操作のできるクッションとしてだけでなく、ダイマックスをきっても強い最強のポケモンだった。

伝説環境の前に調整したSを+1でアーゴヨン抜きまで伸ばしている個体をそのまま使っていたが、今の環境でこの調整が生きた場面は少なく、防御に極振りしてもいいと感じた。またナットレイが嫌いなのでねっぷうを採用しているが、かいでんぱが欲しい場面はかなりあったのでかいでんぱの方がいい気はする。

 

 

3. ナットレイ@たべのこし

f:id:nekotorami4869:20210401214534g:plain

特性 : てつのトゲ

実数値 : 181(252) - 114 - 152(4) - 74 - 184(252+) - 22

技構成 : タネマシンガン/やどりぎのタネ/どくどく/まもる

 

メタモンにコピーされたカイオーガを受けるためにHDでの採用。

ジャイロボールを打つ機会が多くなく、後投げされがちなサンダーに負荷がかけられる技としてどくどくを採用した。ゼルネアスはドリュウズヤドキングで見れるし、受け系にも若干強くなったので良かったと思う。

やどりぎを外しまくったのでめちゃくちゃにキレてめちゃめちゃ罵倒した。

 

4. ウーラオス@きあいのタスキ

f:id:nekotorami4869:20210401214702g:plain

実数値 : 175 - 182(252) - 120 - × - 81(4) - 163(252+)

技構成 : あんこくきょうだ/インファイト/ふいうち/ちょうはつ

 

90、91族を抜けるように陽気での採用。対黒バドレックスではみがわりバドレックスを処理するためにタスキを大事にするよう心掛けた。カウンターを打つ機会が少なかったので受けループの突破やカバ、ラグの妨害に役立ちそうなちょうはつを採用したがほとんどうたなかった。

構築単位で重いポケモンを誤魔化してくれた。命中不安の技もないし大好き!

 

5. ドリュウズ@とつげきチョッキ

f:id:nekotorami4869:20210401215400g:plain

特性 : すなかき

実数値 : 185 - 180(196) - 98(140) - × - 85 - 143(172+)

技構成 : じしん/アイアンヘッド/ロックブラスト/かわらわり

調整意図 

B : ダイマ時ザシアンのインファイト大体耐え

S : すなかき発動時+1最速エースバーン抜き

 

地面枠としてドサイドンカバルドンと迷い、すなかきによる抜き性能を評価して採用した。重すぎるイベルタルに対するせめてもの対策だったが、イベルタルを下げられるて天候を変えられた時点で負けるので全く対策になっていなかった。

ダイマックスエースとしては申し分なく、かわらわりで壁展開にも強く出られるので選出機会も多かった。

 

6. ガラルヤドキング@くろいヘドロ

f:id:nekotorami4869:20210401214720g:plain

特性 : さいせいりょく

実数値 : 202(252) - × - 101(4) - 130 - 178(252+) - 50

技構成 : サイコショック/かえんほうしゃ/めいそう/なまける

 

10回くらいしか選出してない王様。ムゲンダイナには対面からならどんな型にも勝てるが、メテオビーム型とメガネダイマックス砲への後出しは効かないので思ったよりうまくいかなかった。一方、受けループに対しては滅法強く、バンギラスイベルタルさえいなければ一匹で崩せていた。

1900チャレンジでも活躍してくれた仕事人。

 

<重かったポケモン>

イベルタル

降参!対戦ありがとうございました!!

ゼクロム、ブラックキュレムガブリアス

素早さを上げられたらおわりw!

・ウオノラゴン

雨タダ乗りエラがみ最強!

・白バドレックスディアルガ高耐久DMエースの方々

無理

 

<感想>

 剣盾で対戦を始めてからこれまでのシーズン、何人かの友達がポケモンの個体やミントを恵んでくれて応援してくれていたけれど満足のいく結果は残せていませんでした。それだけに今回レートと順位、2つの目標を達成できて嬉しいです。次はレート2000を目指してがんばります。もっとたくさんのポケモンとミントをください。

 最後まで読んでくださってありがとうございました。もし質問等ある方いらっしゃればツイッター(@yukun_neko)にお願いします。

 

TN : ゆーくん 最終レート1905、最終順位599位

f:id:nekotorami4869:20210401212349j:plainf:id:nekotorami4869:20210401212431j:plain

f:id:nekotorami4869:20210401212420j:plain

S9 最高812位 カバギャラサイクル

はじめまして、ゆくんと申します。

S9お疲れさまでした。5月にスイッチを購入してから初めて力を入れてランクマッチを遊ぶことができ、目標であった3ケタが達成できたので記念に記事を書こうと思います。

以下常態

 

[使用構築]

f:id:nekotorami4869:20200903190335j:plain



[構築経緯]

 最強ポケモンのエースバーン対策にギャラドスを採用したところからスタート。ギャラドスのサポートができ電気の一貫を切れるカバルドンギャラドスと補完が良いナットレイを採用。ここまでで重いトゲキッスリザードン対策としてサイクルも回せるスカーフヒートロトム、ドラパルトとポリゴン2を見ることができ、対面であればウーラオスにも強いHBニンフィアを採用。最後にギャラドスを止めることができないため、ギャラを強く牽制できるパッチラゴンを採用して構築が完成した。

 

[個別紹介]

f:id:nekotorami4869:20200903190627p:plain

ギャラドス@オボンのみ

特性:いかく

185(116)-145-135(188+)-72-120-127(204)

たきのぼり/とびはねる/パワーウィップ/りゅうのまい

 

耐久調整は誰かのパクリです、忘れました...。素早さは+1で最速エースバーン抜き

 

 エースバーン対策枠兼エース。耐久とすばやさに振っており、エースバーンに後投げして舞って全抜きを狙う。

 エースバーンはエレキボールを持っている個体が一定数おり、特に命の珠持ちに対しては即ナットレイヒートロトムに下げる必要があり、早く出禁になってくれと思いながら対戦していた。

 パワーウィップの枠はパッチラゴン用の地震、ミラーやキッスに強くなるストーンエッジ、エースバーンのとびはねるを透かせるまもるなど迷ったが、ナットレイの草技を切っていたため、パワーウィップを採用するしかなかった。

 はちゃめちゃに強いポケモンで、ほぼ全試合選出していた。帰ってきたらまた使いたい。

 

f:id:nekotorami4869:20200903190845p:plain

カバルドン@フィラのみ

特性:すなおこし

215(252)-132-187(252+)-79-93(4)-67

じしん/ステルスロック→ヘビーボンバー/あくび/なまける

 

 ギャラドスが過労死するときの物理受け。技構成で迷い続けたポケモンで、ステルスロックを撒くタイミングが下手すぎたのでフェアリーに打点が持てるヘビーボンバーに変更。正直あくびをボディプレスに変えてアッキカバにするか、ステルスロックでギャラのサポートに徹するかした方が強かったと思う。帰ってきたらもっとうまく使ってあげたい。ニックネームはおかあさん。

 

 

ナットレイ@ゴツゴツメット

特性:てつのトゲ

181(252)-114-201(252+)-74-137(4)-36

ジャイロボール/ボディプレス/やどりぎのタネ/まもる

 

 めちゃくちゃ信頼してるポケモン。たべのこしをニンフィアに取られているのでゴツゴツメットを持たせてみたが微妙だった。オッカのみにしてトゲキッスにワンチャンあるようにしたほうが強かったと思う。ウーラオスの水流連打に後投げするときだけ気持ちよかった。

 ポリゴン2対策でボディプレスを採用していたが、本来役割対象であるはずのHBァシレーヌに起点にされてしまうのが辛かった。

 エースバーンが無限に後出しされるので悠長な行動をしないように心掛けた。

 

f:id:nekotorami4869:20200903190857p:plain

ヒートロトム@こだわりスカーフ

特性:ふゆう

143(140)-76-128(4)-142(132)-129(12)-147(220+)

オーバーヒート/10万ボルト/ボルトチェンジ/トリック

 

調整意図

H:定数ダメージ最小

B,D:ダウンロード調整

S:最速ギャラドス抜き

C:あまり

 

 構築の補完枠。環境上位のポケモンほとんどに抗えるので刺さっていたポケモンだと感じた。相手のカバルドン展開を阻止できないので、一度ラムのみ持ちわるだくみ型で使ってみたがスカーフのほうが使いやすかったので戻した。ポリ2へのトリックは割と読まれやすく、うつタイミングは見極める必要があった。

f:id:nekotorami4869:20200903190902p:plain

ニンフィア@たべのこし

特性:フェアリースキン

201(244)-65-127(244+)-130-150-83(20)

ハイパーボイス/マジカルフレイム/みがわり/めいそう

 

調整意図

HB:ほぼ特化

S:同族意識

 

 ポリゴン2とドラパルトを見る枠。HBアシレーヌと違い、ポリ2ドラパの電気技におびえる必要がなく、ジバコイルにも一応炎技が打てる。何より相手のみがわりをケアしなくいいのがよかった。エースバーンに無限に後出しされてしまうのでそこだけ弱かった。

f:id:nekotorami4869:20200903190909j:plain

パッチラゴン@いのちのたま

特性:はりきり

165-167(252+)-110-90-91(4)-127(252)

でんげきくちばし/ドラゴンクロー/ほのおのキバ/つばめがえし

 

 ギャラドスを選出させないための御守り。普通にギャラドス選出されたので普通にキレた。はりきりの命中不安が嫌いなので選出は1回しかしてない。ほかにいいポケモンを探したが見つからなかったのでそのままにしておいた。

 

[基本選出]

 サイクルパなのであまり基本選出は考えていなかったが、多かった選出はヒートロトム+ギャラドス+@1だった。ギャラドスが初手エースバーンと対面するとエレキボールが飛んでくるのがまずく、一度エレキボール持ってそうかどうかを雰囲気で判断するためにギャラ以外から入るよう心がけていた。

 ドリュウズがとんでもないくらい重いパーティだったがゴリラとウサギに殺されて絶滅していたため助かった。

 

[総括]

 自分で必死に考えたパーティで目標が達成できたのは本当にうれしかったです。しかしもっと上に上がるために構築を組みなおしたのに、その構築では全く結果を出せずに終わってしまったので全体としては悔しいシーズンとなりました。次のシーズンではもっといい成績を出せるようにがんばろうと思います。

 ここまでの閲覧ありがとうございました。 

f:id:nekotorami4869:20200903190338j:plain

Twitter @yukun_neko